Europe League

Europe League

セリエA:ラツィオの愛称と歴史 セブンシスターズ

ラツィオといえば、いまでは中堅クラブではありますが、2000年代初頭はセブンシスターズの1つとされており大いに発展していたクラブです。ラツィオはどのような歴史を持っているのか?簡単にまとめてみました。
Europe League

ラリーガ:レアル・ソシエダの名前の由来は?

近年のラリーガはレアルマドリードとアトレティコマドリード、そしてバルセロナの3強と言う構図となっていますが、それ以外のチームは草刈り場と言うわけではありません。レアル・ソシエダは近年とても安定した成績を収めるようになってきており、UEFAチャンピオンズリーグの出場権も得られる順位にまで躍進するようになりました。
Europe League

ベルギーリーグ : ジュピラー・プロ・リーグはレベル低い? 日本人が多い理由

ベルギーリーグはとくに近年、日本人にとても注目されているリーグと言えるでしょう。日本人選手が次々にベルギーリーグでプレーするようになっており、特に日本人のサッカーファンがこのリーグを見るようになっています。そもそもなぜ日本人が急増しているのでしょうか?
Europe League

プレミアリーグ:チェルシーはなぜ不人気? 特徴と歴史

チェルシーはUEFAチャンピオンズリーグでは優勝経験があり、プレミアリーグの優勝経験もあるれっきとした強豪クラブの一つです。そのため強いことには間違いはないのですが、マンチェスターユナイテッドやリヴァプールなどに比べるとなぜか人気があまりないのが実態です。これは一体なぜなのでしょうか?
Europe League

プレミアリーグ:リヴァプールとゲーゲンプレス クロップ戦術

今までプレミアリーグと言えばフィジカルサッカーが定番でした。しかし資金力が豊富になってきているプレミアリーグはあえて無能なイングランド人監督を添えるのではなく、優秀な外国人監督を連れてくるようになり、戦術が多様化しています。リヴァプールの場合はドルトムントからクロップ監督が就任してきたことにより戦術がかなり変化しました。
Europe League

リーグアン:パリ・サンジェルマン(PSG)はなぜ人気がない? CLで勝てない理由

パリ・サンジェルマンは近年、突如強くなったフランスのプロサッカーリーグのチームです。パリ・サンジェルマンには各国代表選手が並び、まるで世界のトップクラブのような陣容になっているのですが、フランスリーグでは勝てても、UEFAチャンピオンズリーグの舞台ではなかなか優勝ができない状況です。
Europe League

フランスリーグ:リーグアンがつまらない理由

フランスのプロサッカーリーグはリーグアンと言われています。リーグアンにはパリサンジェルマンを筆頭にマルセイユ、ボルドー、リヨンなどのチームが揃っているのですが、視聴者目線で見るとなかなかモチベーションを維持するのが難しいリーグと言われています。その理由を説明します。
Europe League

ブンデスリーガ:バイエルン1強 つまらないと言われる理由

ブンデスリーガはどこが勝ってもおかしくない面白いリーグだとすれば、恐らくもっと人気が出ていたであろうリーグです。しかしながらバイエルンだけの1強リーグと化しており、確実にブンデスリーガは衰退していると言えるでしょう。なぜバイエルンだけのリーグになってしまったのかを説明します。
Europe League

セリエA:インテルはなぜ強くなった? 低迷の歴史

インテルはセリエAでいうビッグ3の一角です。しかしインテルはミランと共に長い低迷期を過ごしていました。そのため低迷している時期がとても長かったため、セリエAは没落したリーグと言う印象を与えてしまっていましたが、2022-2023シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは決勝まで進んだのです。低迷したインテルは復興できるのでしょうか?
Europe League

セリエA:ユベントスはなぜCLで弱いのか? その理由

ユベントスといえば、イタリアリーグの中では最も国内リーグのタイトルが多い強豪クラブと言われています。イタリアのビッグ3といえばユベントス、ミラン、インテルですが、UEFAチャンピオンズリーグではなぜか優勝できず、準優勝ばっかりと言う現実があります。なぜユベントスはCL優勝ができないのでしょうか?